ミズノマリン
HOME 取扱エンジン 機関換装事例集 救命艇 メンテナンス 部品販売 中古エンジン スタッフ紹介 会社案内 BBS お問い合わせ

◆INFORMATION

  
救命艇、ライフボート

ウォーターバッグレンタルはこちら

救命艇レンタルはこちら




Lifeboats and Life Rafts and General Maintenance of Them
救命艇・救助艇のトータルメンテナンス
緊急事態発生時に豪華客船、タンカー、貨物船の乗客と乗員の命を守る救命ボートは、SOLAS条約により本船への装備が義務づけられている。差し迫った状況下でのみ稼動するボートに与えられた責務は『パーフェクトな稼動』。ミズノマリンではウォータージェット搭載のファーストレスキューボートから、タンカー搭載の超緊急脱出艇フリーフォールライフボートまで最高峰の安全をサポートします。

General Maintenance of Lifeboat Peripheral Devices
救命艇周辺機器のトータルメンテナンス
救命艇昇降装置、救命艇離脱装置のトラブルは救命艇本体のトラブルに匹敵するほどの重大事故を誘発する。本船非常時における敏速かつ確実な離脱装置の作動は日常の点検と整備が不可欠となる。ミズノマリンではSOLAS規定に基づき、救命艇周辺機器のアフターマーケットをサポートします。

Inspection Policy
弊社の検査ポリシー

■SOLAS条約
2006年7月1日より IMOガイドライン MSC Circ.1206に基づき、救命艇及び救命艇進水装置の整備及び検査が義務づけられた。この年次及び5年の詳細検査、作動試験は、救命装置の製造者若しくは製造者が認証する整備事業者により行わなければならない。

■弊社の検査ポリシー
ミズノマリンでは国内の救命装置の検査はもとより、世界の一流救命艇及び進水装置メーカーのIMO Circ1206、1207検査を承ります。
過酷な海外研修を重ね、製品ごとの特性を掌握した検査員が日本国内検査、海外出張検査をハイレベルで実施します。海外の救命艇とダビットをセットで検査を行うことにより、検査員の手配簡略と出張費用の軽減が出来たと、多くのシップオーナーなら喜びのメッセージをいただいています。


〜 Lifeboat & Davit IMO Circ.1206 検査資格リスト (代理店リスト) 〜
救命艇
メーカー名 国名
PALFINGER MARINE ノルゥエー
TSUNEISHI 日本
FASSMER ドイツ
NORSAFE ノルゥエー
HYUNDAI 韓国
MONTMONTAZA GREBEN クロアチア
FASSMER MARLAND 香港
MARLAND 香港
HAIHONG BOAT MAKING 中国
JIANGYINSHI BEIHAI 中国
JIANGYIN WOLONG 中国
JIANGYIN NORSAFE 中国
JIANGYIN NEPTUNE 中国
HATECKE ドイツ
JIANGSU JIAOYAN MARINE EQUIPMENT CO.,LTD 中国
Davit
メーカー名 国名
PALFINGER MARINE ノルゥエー
MANSEI 日本
MIURA 日本
DAVIT INTERNATIONAL ドイツ
ORIENTAL 韓国
FASSMER ドイツ
NORSAFE ノルゥエー
MONTMONTAZA GREBEN クロアチア
DONGNAM MARINE 韓国
JIANGYINSHI BEIHAI 中国
JIANGYIN WOLONG 中国
GLOBAL DAVIT ドイツ
HATECKE ドイツ
JIANGSU JIAOYAN MARINE EQUIPMENT CO.,LTD 中国
以下の救命装置メーカーは、現在 PALFINGER MARINE 社により検査が行われます。
ミズノマリンで声明書の発行が可能です。
PALFINGER MARINE
Watercraft UK Ltd Viking Marine Waterman Oy
Fiskars Oy Bjorke Batbyggeri Davit-Company
LAR Georg Eide Sonner AS MASECO
Edgewater Machine & Fabricators Inc Watercraft America Inc William Mills Marine Ltd
Schat Davits Ltd Schat-David Company BV Schat Watercraft Group
PALFINGER MARINE AS Mulder & Rijke BV Beiyang Boatbuilding Co.
Schat-PALFINGER MARINE Noreq-ACTA Noreq

【検査依頼の手順】
1. 検査確認書(エクセルファイル)をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ弊社大阪本社までMailかFAXでお知らせください。(翌日にでも検査確認書をメールにて送付します)
2. 後日見積書の送付と打ち合わせのご連絡をさせていただきます。
3. 注文書をMailかFAXで送付ください。
4. 注文請け書を送付し手続き完了です。
   

※製造者不明の救命装置について
救命装置の検査制度が実施され、製造者が統廃合等の理由により、メーカーによる検査が受検できないケースが発生しています。
【現存メーカーが廃業メーカーのアフターマーケットを受託している場合】
 大手救命装置メーカーが弱小メーカーを買収するケースは海外では珍しくありません。
検査受け入れメーカーが調査不可能な場合は気軽にお問い合わせください。
【救命装置メーカーが廃業している場合】
 アフターマーケットの受け皿を手配せずにメーカーが廃業している場合、以下の手続きが必要です。
1. シップオーナーが検査を受け入れるメーカー若しくはメーカー検査資格を有する検査会社を手配する。
2. クラス(NK)を通じ、旗国に受け入れメーカーの会社概要を添付し、受検許可を申請する。
3. 旗国よりクラスに対し、受検許可の承認があれば検査の実施が可能となります。  

CONTENTS
会社案内 スタッフ紹介
あいさつと概要、沿革。国際ボートショーや、Sea Japan には、毎年出展しています。 平均年齢37歳。船が安全に航行するための必須条件『エンジン整備』に全力を注ぎます。
お問い合わせ・お見積り  
何でもお気軽にご相談ください。経験豊富なスタッフが誠意を持ってお答えいたします。  


HOME | 取扱エンジン | 機関換装事例集 | 救命艇 | メンテナンス | 部品販売 | 中古エンジン | スタッフ紹介 | 会社案内 | BBS | お問合せ

株式会社 ミズノマリン  
(大阪本社)
大阪府豊中市名神口1丁目12-15
TEL:06-6863-5233
FAX:06-6863-5029
MAIL:info@mizuno-marine.co.jp
  
(東京支店)
(サービスセンター)
TEL:03-5755-8866
FAX:03-3799-7557
Copyright 2005-2017 Mizuno Marine Co.,Ltd.All right reserved. Web Designed by Global Business
/* */